Beer MENU

BEER ON TAP

下記メニューの中から常時3~5種類の樽生ビールをご用意しています

  • 名前の通り強い苦味のブロンドビール。ワトウ、ポペリンゲ産の生のハラタウホップを最大限に生かして醸造される。樽内二次発酵による味わいの変化もお楽しみください。
  • 熟成4ヵ月ほどのランビックビールにブラックチェリーを6週間~9ヵ月漬け込んで作られる、ルビー色のビール。甘酸っぱいさわやかな香りとクリーミーな泡立ちが特徴です。
  • デンマークの奇才ミッケラーが送る世界中の愛好家が絶賛するハイクオリティビール。
    じっくりと低温で下面発酵させた極上ピルスナーに、惜しげもなくアメリカンホップを大量投入しました。
    ミッケルズドリームは日本のみの特別限定醸造ビールです。

BEER ON TAP〜Monthly Special〜

ゲストビールの紹介です。開栓情報はSNSにて配信します!

Bottle BEER

スタイル別でご紹介します

【White Beer -ホワイトビール-】

大麦に加えて、小麦(または小麦麦芽)を大量に使用して造られるビール。ベルジャン・ホワイトが他国のホワイトビールと異なるのは、オレンジピール・コリアンダーなどのスパイスを使用する事。

【Saison Beer -セゾンビール-】

農家が冬の閑散期に仕込んで、夏の農作業の間に飲むために貯蔵しておいたビール。長時間保存が利くように、ホップを多く用いるのが特徴。主に南部のワロン地方で造られている。

【Lambic Beer -ランビックビール-】

野生酵母を使った、強い酸味が特徴の伝統的ビール。グーズの他、クリークやフランボワーズなど果実を使用したものも数多くある。ランビックが造られる環境は限られていて、生産地はブリュッセルとその近郊の一部のみ。

【Red Beer -レッドビール-】

普通の大麦の代わりに赤大麦を使用するため、深い赤色のビールになる。西フランドル州で造られる爽やかな酸味が特徴のビール。発酵後、巨大なオーク樽で長期間熟成される。

【Brown Beer -ブラウンビール-】

主に東フランドル州で造られる茶褐色のビール。一次発酵した若いビールと、それより前に仕込んだ古いビールをブレンドして二次発酵させる。ブレンドにより生まれる複雑な味わいが特徴。

【Trappist Beer -トラピストビール-】

厳律シトー会であるトラピスト会修道院で造られるビール。現在世界で11銘柄がトラピストビールの呼称を使う事が出来る。製法などに高い基準が設けられていて、どれも素晴らしい味わいになっている。

【Abbey Beer -アビィビール-】

アビィというのは「修道院」という意味。トラピスト会以外の修道院のレシピを借りて、民間の醸造所が委託を受けて製造。色や味わいは様々なバリエーションのものが造られている。

【Golden Ale -ゴールデンエール-】

ビール評論家マイケル・ジャクソンが命名。色は淡く美しい黄金色で、アルコール度数が高いのが特徴。アルコール度数の高いものは「ストロング・ゴールデン・エール」と呼ばれる。

【Special Beer -スペシャルビール-】

ここで紹介する9つのカテゴリーに属さない多くの地ビールは、このカテゴリーに分類される。造られる地域の風土と深く関わった個性的なビールで、味わいは様々。アルコール度数の高いものが多い。

【Fruits Beer -フルーツビール-】

フルーツを加えたビール。果汁を加えてから再発酵させたフルーツ・ランビックが有名だがホワイトビールに果汁をブレンドしたカクテルに近いものも増えている。

【World Craft Beer -クラフトビール- 】

ベルギー以外にも素晴らしい味わいを作り出すこだわりの醸造所が数多く存在します。そんな魅力的なビールたちを、ほんの少しだけご紹介します。

Mikkeller ミッケラー(Denmark)

Brew Dog-ブリュードッグ- (Scotland)

Nogne-ヌグネ-(Norway)

To Øl -トゥ・オール-(Denmark)

Gypsy Inc-ジプシーインク-(Denmark)

Loverbeer-ローベルビア-(Italy)

FOOD MENUを見る

©  ベルジャンビアバーバービーズ All Rights Reserved.
PAGE TOP